旅行における心付けとは 

旅行における心付け

トップ

旅行,酒

あまり使う機会のない心付けとは 

心付けとはバスを貸しきって旅行する際などに、ドライバーやガイドなど乗務員に渡すお金のことです。必ず必要なわけではありませんが、朝早い出発で夜遅い到着になる場合や、車内でお酒を飲むなど汚してしまいそうな場合には、普通より大変な仕事になる可能性もあります。そういった場合心付けを渡しておけば乗務員も気持ちよく対応してくれる可能性が高いです。海外のチップのようなものです。相場としては1台2000~5000円ほどです。旅行中はお手洗い休憩や観光地などでは慌ただしくなってしまうので、出発前に乗務員が揃っているとき渡しておくのがいいです。

旅行における心付けについて 

旅行では、忙しい日常から開放され、宿泊先では、家事等はは一切せずのんびりとゆっくりした時間をすごせます。出かけた先の宿泊先などでは、心付けは必要なのか考えてしまいますよね。本来は、「これからお世話になります。よろしくお願いします。」と言う挨拶で、支払いの中にはサービス料が含まれているので不要とされています。しかし、小さい子供がいたり団体で宿泊したりと、仲居さんに何か手間をかけさせてしまいそうな時などは、気持ちとして渡しても良いでしょう。旅行で心付けがあろうが、無かろうがサービスの質が変わったり、サービスが悪くなるなんてことはありません。

心付けに関する情報

新着情報